不眠症と無呼吸症候群

Pocket

川越の自律神経専門整体院ガハハカイロプラクティック整体院の谷口です。うつ症状で来院いただいた方から、問診していると一番解決したい問題は、不眠症といわれた方がいらっしゃしました。

深夜4~5回起きてします1時間に1回目が覚めます

1時間に1回中途覚醒をされていたら身体が持ちませんよね。身体も楽にならない。自律神経の観点からみると副交感神経が上手く働いていないのが伺えます。副交感神経を優位にするためには、呼吸や泣く事が一番いいとされています。副交感神経を優位にする事と同時に交感神経を日の出ている時間に活動的に働かせなければなりません。しかし、こちらのお客様の場合は、、、

あれ?睡眠時無呼吸症候群?

状況が違いました。もちろん自律神経の問題はあると思いますが、しかし問題は自律神経だけではなく、呼吸です。と言いますのもこちらのお客様は身体が大きく施術中の呼吸の音を聞いていると鼻が詰まっている呼吸でした。(いびきのような)睡眠時無呼吸症候群ではないか?とお伝えしました。しかし、今まで心療内科に通っていたにも関わらず、無呼吸症候群の指摘をされて不眠の症状が出来たのではないかと言われたことはなかったとのことでした。うつ病と無呼吸症候群は互いに18%の割合で合併するようです。要するにうつ病の18%の方が睡眠時無呼吸症候群とのことです。

うつ病で不眠症が問題ある方

うつ病・自律神経失調症+普段いびきを指摘される方、日々鼻の詰めりがある方、+特に肥満の方=不眠症

の方でしたら一度、耳鼻科や睡眠時無呼吸症候群の病院に診断をしてもらった方が身体が楽になるかもしれませんよ。メンタルクリニック、心療内科に行っても指摘されないようですのでそれはご自身や周りの方が判断していただくとよろしいかと思います。あなたの不眠解消をお祈りしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
自律神経専門
ガハハカイロプラクティック整体院
「ガハハ」と大声で笑える身体に!

トップページ


049-227-6870
〒350-0042
埼玉県川越市中原町1-6-2
西武新宿線本川越駅から徒歩4分
東武東上線川越市駅から徒歩8分
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□