四十肩・五十肩


◇四十肩・五十肩

■どんな病気か?

40代~50代の方に多く発生する「肩関節の痛み」
または「動きの制限(可動域の制限)」を伴う病気の
総称です。凍結肩や肩関節周囲炎ともいわれています。

肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こし
ている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。

○腕をあげる時に痛い
○手が後ろに回らない
○夜中に痛みで目が覚める、寝にくい時もある
○どの場所かわからないけど肩周辺が痛い

また、四十肩・五十肩以外に石灰性腱板炎や腱板断裂
からも肩の痛みが起こります。

■どんな人に多いか?

なりやすい人の多くは、使いすぎと運動不足があります。

肩より上に腕を上げて仕事をする人は肩関節に負担が
かかりやすいと思います。
(美容師さん・工場で働く作業員さん・建築現場で働く
職人さんなどは、腕を使うため疲労度は多いと思います)。

また、普段からあまり運動をせず、体を動かしていない
人も、身体が弱まり、四十肩・五十肩になりやすくなります。

■原因は何か?

四十肩・五十肩は、筋肉と骨を結びつける腱板や靭帯に
炎症が起こります。また、筋肉や腱板のすき間にも炎症を
生じることもあります。

その炎症によって、痛みを引き起こし、関節の拘縮
(こうしゅく)によって、肩が正常に動かなくなります。

さらに、肩関節には摩擦を軽減する滑液包の弾力が
失われ炎症を来たします。

■症状の現れ方

多くの症状は、ある日突然、肩に痛みが現れます
(朝方、目が覚めたら痛みで目が覚めたという場合もあります)。

そして、症状は時期によって3つあります。

●急性期(痛みが強く現れる)
●慢性期(痛みは急性期よりマシ。しかし、運動制限がある)
●回復期(関節拘縮が改善する)
急性期は、炎症を起こした腱板や肩峰下滑液包の痛みと、
肩周辺に炎症が広がり、広い範囲に痛みを感じます。
じっと安静にしていたり、夜寝ていても痛みがあります
(夜、痛いときは肩の冷え、圧迫を受けている事で現れたりします)。

さらに痛みは肩だけでなく、上腕(腕)にも放散します。

その他、着替えの時(袖を通すなど)、入浴時に体や髪を
洗う動作、腕を挙げようとする動きによって痛みが出たり、
強くなったりします

急性期が過ぎて慢性期になると、安静時痛は消失します。
しかし、腕を挙げ動作で痛みを感じ、肩関節の動きが
制限されています。

回復期になると運動時痛も消失します。
但し、痛みによって肩を庇っていたために、
正常な可動性が失っている場合があります。

当院の四十肩・五十肩の施術は、頚椎・肩周辺・
骨盤のズレを緩和することにより症状が改善されていきます。

※一般的に、四十肩・五十肩が治るのが半年や1年位だと
言われていますが、早めにケアをすればその期間は短くなります。

店舗名 ガハハカイロプラクティック整体院
住所 埼玉県川越市中原町1-6-2
最寄駅 本川越駅(駅から0.4km)

川越市駅(駅から0.6km)
川越駅(駅から1.2km)
アクセス 本川越駅東口から徒歩4分/川越市駅から徒歩8分
電話 049-227-6870(営業電話はお断りいたします)
予約 お電話でご予約お願いいたします
営業時間 月曜~土曜 10:00~20:00(最終受付19:00)
定休日 日曜、祝日休み 不定休
駐車場 なし(お近くのコインパーキングのご利用お願いいたします)
クレジットカード 使用不可
 ホームページ  http://gahahachiro.com/